OB・OGの声

先輩に続け!
秀門会から志望大学へ合格した卒業生たちのメッセージです。
これから受験を迎える皆さんへエールを送ります。
※承諾をいただいた方のみ掲載しています。

合格体験記

自分のレベルを見極めて学習

M.Aさん /出身高校:竹園 /合格大学:早稲田大学(先進理工)/受験年度:2019

校舎:ひたち野うしく

私は高1の時、全く勉強していなくて、学校の底辺でした。
でもふとした瞬間に危機感とやる気がみなぎって、学校のテストだけでもきちんとやろうと思って、毎回テスト勉強は全力でやりました。応用には手をつけずに、学校のテキストのできるところを何度も繰り返しました。そのやり方で高2までは乗り切ってきました。しかし3年になって、伸び悩みました。テストは乗り切れるけど、模試はイマイチ。正直すごく焦りました。得意だと思った英語も模試だとうまくいかなくて、ものすごく焦りました。そこで、秀門会に入りました。基礎から一つ一つ潰していくような感じで、また英語を気持ちよく解く感覚がわかりました。私はそれを生かそうと思って、他の教科も焦りを抑えて、すべて基礎を見直し、苦手なところを見つけ出し、潰していきました。それだけで、模試はだいぶ安定したと思います。これを夏から秋にかけてやって、過去問を極めるのが本当に直前だったので、もっと早くやれば良かったなと思います。無理をせず、自分のレベルを見極めて演習をすることの大切さを学びました。

平常心を保つことが大切

K.Y さん /出身高校:牛久栄進 /合格大学:立教大学(文)/受験年度:2019

校舎:土浦校

高校3年の時に秀門会に入りました。
それまで学校の授業しか受けたことのなかったは私は、秀門会の英語の授業を受けて驚きました。
生徒が積極的に発言し参加する授業はとても新鮮で英語に対する苦手意識が少なくなりました。
また、受験を経験して最も大切だと感じたことは、平常心を保つことです。私は緊張すると頭が真っ白になるタイプなので、本番でそうならないように、模試の時も受験本番をイメージして取り組むようにしました。その結果、受験本番で実力が出せたので良かったです。

勉強の優先順位が決められた

匿名希望 /出身高校:茗渓学園 /合格大学:日本女子大学(文)/受験年度:2019

校舎:土浦校

私はすでに将来の夢が決まっていて、英語を使う仕事だったので英語は他の教科よりも頑張っていました。映像授業ではなく、直接先生から教えていただけることで、集中力が保てて、自分には合っている授業でした。休んだ際には、その日の授業を後から見ることができたので、自分の中で勉強の優先順位を決めて学習できたので良かったと思います。私の高校は英語の授業がレベル別で、高校1年生の最初は1番下のクラスでしたが、2年生の後半には1番上のクラスまで行き、3年生が終わるまできちんと維持することができました。
英語の力をここまで伸ばしてくださり、感謝しています。
ありがとうございました。

学習面だけでなく、人としても成長できた。

相島鈴音君 /出身高校:常総学院 /合格大学:東京理科大学(理工)/受験年度:2019

校舎:土浦校

学習する過程で、先生方に指示は受けるものの、結局は「自分でやるしかない」ということが大事であることに気づかされるため、最後まで耐え抜く忍耐力、学習し続けるための計画力や自己管理能力までも身についた。成績が右肩上がりになり、志望する大学よりも格上の大学を目指せた。自分自身、ここまで成長できるとは思っていなかったが、学習していく中で自分が成長していくのを感じられてとても楽しく学習できた。
こんな僕をここまで成長させてくれた秀門会に本当に感謝したい。

受験は自分との戦い

菊地大輔君 /出身高校:土浦第二 /合格大学:茨城大学(人文社会)/受験年度:2018

校舎:土浦校

私は、高3の春期講習から入塾しました。それまでの偏差値は全て40台でしたが、大幅に成績を伸ばすことができました。成績が低いと塾に入るのをためらってしまうと思いますが、秀門会の授業は基礎から丁寧に教えてくれるので安心できます。

諦めなければ合格できる!!

瀬尾泰弘君 /出身高校:土浦日大 /合格大学:茨城県立医療大学(作業療法)/受験年度:2018

校舎:土浦校

私は秀門会に入る前は家では勉強もせずにダラダラした毎日を送っていました。しかし秀門会に通うようになってからは、学校帰りに自習室を利用できたので前より勉強する習慣がつきました。センター試験では思うような点数をとれませんでした。それでも2次に向けて根気強く対策した結果合格できました。諦めなければ合格できる!!

なんとなくではダメ

井上浩太君 /出身高校:江戸川学園取手 /合格大学:茨城大学(工学部)/受験年度:2018

校舎:土浦校

受験勉強を意識し始めた高校2年の冬に入会しました。以前は模試や定期考査でなんとなく解いて来ましたが、なんとなくでは点数が安定せず、思うように伸びません。秀門会に入り、勉強のやり方、問題への取り組み方は考え方を1から教えてもらいました。基本を徹底的にやりこむことで、センター本番で過去最高点を取ることができました。秀門会に入っていなかったら今頃どうなっているのか考えると怖いです。熱心な指導のおかげで私は1年間で大きく変わることができました。ありがとうございました。

メンタル

野尻幹人君 /出身高校:土浦第二 /合格大学:筑波大学(情報)/受験年度:2018

校舎:土浦校

勉強に関しては秀門で言われたことをやっていれば問題なし、不安があったら臆せず相談すべき。受験を一通り経験して思ったことは、
①理系はセンター国英社で差がつく
②勉強したつもりにはならない
③二次で理科2つ使うなら夏休み明けまでには一通り終わらせておくべき

①に関して、国英は安定しやすい教科なため、4〜6月に形式に慣れておく。社は地理ならば秀門会の授業だけで大丈夫。受講していた知り合いのほとんどが8割を超える点数を取っていた。
②に関して、時間だけかけてもある程度まで行くと点数が伸び悩んでしまう。効率を考えるべきだ。受験勉強においては、受験校に対して難しすぎる演習や深すぎる知識を入れるのは効率が悪い。自分がすべき内容を頭に入れつつ勉強すべき。
③に関して、自分の学校では理科が10月末に終わった。そこからすぐセンター演習に入ってしまい、二次の試験対策は1月後半からしかできなかった。
一ヶ月弱では明らかに理科2つは重すぎる。なるべく夏までに終わらせ、いかに秋で演習できるかが鍵だ。

最後にメンタルについて。
我ら秀門生の強みはメンタルだと思う。受験のためならプライドを捨てて叫びながら暗記する、このことが出来る学生は外部にはほとんどいないだろう。
あとはそのメンタルを本番まで持っていけばいい。我らは最強だ。そう信じるだけでいい。そうすれば不安は消えるだろう。
志望校に向けて戦い抜き、合格を勝ち取ることを祈っています。がんばれ!

毎日の勉強が楽しかった

中村大希君 /出身高校:土浦第二 /合格大学:早稲田大学(社会科学)/受験年度:2018

校舎:土浦校

僕は模擬試験での結果がうまくいかず、秀門会の英語の授業の評判を聞いて高2の夏休みに入塾しました。秀門会の授業は先生がとても熱心で、面白く、わかりやすい授業でした。また、生徒同士の仲も良く、本当に毎日の勉強が楽しかったです。授業で学んだ構文を覚えることで解ける問題が多くなり、模試でいい結果を取れるようになりました。入塾前にはまったく想像もできなかった大学に合格することができました。本当にありがとうございました。

最後まで戦い続ける力

小野満翔太君 /出身高校:茗渓学園 /合格大学:茨城大学(教育)/受験年度:2018

校舎:ひたち野うしく校

僕は、秀門会に勉強だけでなく精神面でも受験をサポートしてもらいました。僕は私立大学の結果が振るわず、国立大学の対策に身が入らない時がありました。それでも、秀門会に行けば、明るい先生や仲間たちが勉強しているのを見て「自分も頑張ろう!」と思えるようになりました。大学受験は、とても苦しい戦いです。志望校への想いこそが最後まで戦い続ける力となります。後輩の皆さんは、志望校の妥協はしないでください。頑張って!

エネルギッシュな授業が良かった

布施達也君 /出身高校:並木中等 /合格大学:茨城大学(農学部)/受験年度:2018

校舎:土浦校

須賀先生の英語の授業は、エネルギッシュで楽しくやる気の出る授業なので、英語が苦手だった私でもモチベーションを高く保つことができ、模試等での点数が上がりました。また、子供の気持ちを理解してくれる大人であり雑談や相談事もしやすいです。学校の授業で思い悩んでいる方は須賀先生の授業を受けてみては?(価値観が変わりますよ!!)ありがとうございました。

本番で自己ベスト!

濵田拳希君 /出身高校:土浦第二 /合格大学:茨城県立医療大学(放射線)/受験年度:2018

校舎:土浦校

自分は高2の秋から入塾しました。高校英語の文法があやふやだった自分にとって、秀門会の英語はとても分かり易かったです。秀門会式の覚え方のおかげもあり、文法の正答率も上がっていきました。しかし、文法だけでは不十分だと感じ、英単語ゼミを利用して英単語も1500語ほど覚えるようにしました。秀門会で学んでいくにつれ、模擬試験の成績も上がっていきました。秀門会で学び続けていた自分ですが、高3の秋になり成績が伸び悩みました。しかしそれでもあきらめずに勉強を続けた結果、センター試験では自己ベストの点数が取れ、ボーダーを越えることができました。成績が伸びたことは秀門会のおかげだと思っています。

仲間と一緒に頑張れた!

大塚莉子さん /出身高校:順天 /合格大学:明治学院大学(法学)/受験年度:2018

校舎:ひたち野うしく校

高3に入って、英語のマーク模試の偏差値が10以上さがって焦っていた時に秀門会に入会しました。10月に入って英文法を1からやることに正直不安はありましたが、11月のプレテストでは8割超えの点数を取ることができました。弱かった英文法の正答率を上げ、自信を持って受験に挑むことができました。ひたち野うしく校の授業は少人数でしたが、須賀先生の楽しい授業で、みんなと仲を深めることができたし、一緒に頑張ることができて本当に良かったと思っています。

勉強する生活リズムに

土田祐将君 /出身高校:土浦第二 /合格大学:電気通信大学(I類)/受験年度:2018

校舎:土浦校

僕は高校2年生の冬に入塾し、英語と数学を受講しました。秀門会に入る前は、家に帰っても勉強せずにだらだらとしてしまう日々を過ごしていました。ですが、秀門会に入り、勉強する生活リズムをだんだんと身に付けることができました。長い時間使える自習室や、わかりやすい授業を利用し、高校3年生になる時には、たくさんの教科で偏差値を10以上あげることができました。特に数IIIの授業では、数学の本当の面白さを教わることができ、すっかり数学の世界に引き込まれてしまいました。結果的に第一志望に受かることができました。たくさんの塾の中で、秀門会を選んだことは正解だったと思っています。

逆境に負けない

山本果奈さん /出身高校:土浦第二 /合格大学:東京理科大学(理工)/受験年度:2018

校舎:土浦校

なんとなく高校に入って進学の道に立ち、右も左も分からない私に具体的に大学受験というものを教えてくれたのが秀門会でした。高1で交通事故にあって、他の人より不利な条件でしたが、それでも大丈夫なように何度も塾長自ら面談し、相談にのってくれました。勉強の出来、不出来にかかわらず、自分の希望を言えば、否定せず道を示してくれたのが本当に暖かくて、安心して自分の悩みもさらけ出せました。進学先を決める時も、最後は自分の意思を尊重させてもらい、本当にありがたかったです。授業に関しては、友人と単語テストの点数を競い合いながらやれたので、楽しく学べたのは最高でした。「受験に必要だから勉強する」から「先生と勉強するのが楽しいから勉強する」に変わって、大嫌いだった数学が一番好きになりました。